2052m ~幌尻岳 Ⅰ
f0057178_21391455.jpg

f0057178_911950.jpg”最も遠い山頂”へでかけた。百名山の中でもアプローチに十数回の渡渉が必要となる難コース、前日の予報では「17日午後から北海道は大荒れ、日高地方に豪雨の惧れ」。山荘一泊ののち18日に下山する予定を日帰りに組み替え、速攻アタック。登りは林道と渡渉で4h、山荘から山頂まで急登と長大な尾根筋4h、都合8hを5.5hで登頂し即下山。帰路の渡渉を昼すぎくらいに終えるまで、増水して山中にとり残されないかとヒヤヒヤした。復路に6hかかったことを考えると、いかにスピード登頂したかがわかる。

ちなみに渡渉は釣り用のウェーディングシューズを使用し、山荘でデポしてから登山道へとりつく。久々のリバートレックは山道以上に軽快でお手のもの。残念ながら魚影は確認できず・・・
f0057178_2139825.jpg
f0057178_21385884.jpg
f0057178_21384955.jpg
f0057178_21383838.jpg←あちこちに配置されている渡渉棒。使うことはなかったが、あると心強い。
f0057178_21383110.jpg
by flyfisher0430 | 2013-08-17 06:00 | RIVER & STREAM
<< 2052m ~幌尻岳 Ⅱ 小池新道・左俣林道 >>