八ヶ岳縦走 Ⅷ
f0057178_9123192.jpg

f0057178_912432.jpg←↓文三郎道と合流し、南斜面の急登にとりつく。ここをクリアすれば頂上だ。
f0057178_9125033.jpg積雪期にはなかった落石への注意を怠らないよう、丁寧に登っていく。
f0057178_9133698.jpg
f0057178_913435.jpg
f0057178_9135086.jpg
f0057178_914192.jpg
f0057178_9141377.jpg←権現の向こう地甲斐駒、仙丈そして北岳を望むことができた。
f0057178_9142231.jpgはるか下には八ヶ岳登山の主な拠点となる行者小屋と赤岳鉱泉が→
f0057178_9143130.jpg
f0057178_9262440.jpg
f0057178_9263226.jpg←↑夕暮れ時の、雲間からの光芒と金色に輝く諏訪湖
by flyfisher0430 | 2014-07-12 14:00 | MOUNT & CLIMB
<< 八ヶ岳縦走 Ⅸ 八ヶ岳縦走 Ⅶ >>