三崎口
f0057178_1516652.jpg


f0057178_15161821.jpg釣り人の背中を見ているだけでニヤけてしまうのはなぜか・・・

釣り師のアタマの中ではターゲットが今どのあたりを回遊しているのか、何を欲しているのかを常に想像して修正を繰り返し、また全身には微かな魚信も逃さない集中力を張り巡らせている。誰をも寄せつけない孤高の背中は、そんな"夢中度"、"熱中度"の顕れといえる。

「たまには釣り糸を垂れてボーッと過ごしたい・・・」とは、多忙であることをアピールするサラリーマンの口癖だが、それは本当の釣りをしたことがないヒトたちの言葉であることが多い。

f0057178_15162185.jpg

f0057178_15164923.jpg
f0057178_15215872.jpg

f0057178_15165541.jpg

f0057178_1517552.jpg

f0057178_1517898.jpg

by flyfisher0430 | 2015-09-22 11:00 | HUMAN
<< 船窪小屋~ここまできたストリー... 大多摩ウォーキングトレイル >>