ツアー準備
f0057178_2334321.jpgセッジ、特にヒゲナガカワトビケラのパターンは写真よりも一般的な、エルクなどのフレアがマスには一番美味しい?ようだ。イブニング・タイムは川面で羽ばたいて産卵しているように映るのか、羽ごと押さえ込むような激しいライズを見ることができる。道東でのシーズンはテレストリアル・フック#6にヒゲとシャックを足し、全長8~10cm近いパターンが有効。
by flyfisher0430 | 2002-06-18 23:00 | TRIP & TACKLE
<< 阿寒川・滝見橋 オンネトー >>