カテゴリ:MOUNT & CLIMB( 315 )
立山三山縦走 Ⅵ
f0057178_8255149.jpg

f0057178_8263476.jpg↑真砂沢上流の乗越から鹿島槍のシルエットと、これから向かう別山への道→
f0057178_8264552.jpg
f0057178_8265273.jpg↑昨日越えてきた富士ノ折立、内蔵助山荘の朝→

予定では初日早朝から立山三山を一気に縦走し、みくりが丘でのんびり温泉に浸かろうと思っていた二日目。
”春を背負って”の舞台となった大汝山の小屋でビールを呑んで気持ちよく酔っ払い、また小雨が降りだしたもんだから・・・急遽至近の宿に宿泊を変更した。そのおかげで出逢えた早朝の峰々。

f0057178_827643.jpg
f0057178_8272213.jpg↑真砂沢乗越の合間に観えた富山湾、振り返って右から雄山、大汝山、富士ノ折立→
f0057178_827587.jpg
by flyfisher0430 | 2014-08-03 06:30 | MOUNT & CLIMB
立山三山縦走 Ⅳ
f0057178_119061.jpg

f0057178_1191872.jpg↑8月の景色とは思えない、残雪模様の室堂平。
f0057178_1192619.jpg
f0057178_1194555.jpg↑室堂、一ノ越から雄山までは地元小学校の遠足まで組み込まれる大渋滞。裾野の学び舎では今でも「雄山峰本社へ参拝して一人前」の、通過儀礼なのだろうか・・・
室堂平から標高差600mそこそことしても、3000m峰の頂に立つ意義は大きい。
f0057178_1195349.jpg
f0057178_11101488.jpg
f0057178_11102113.jpg
f0057178_11112832.jpg
f0057178_11302228.jpg←山頂から見下ろす黒部湖と黒部ダム。人造湖が錦秋を迎える頃、山頂はすでに白銀の世界となる高度差を見下ろして。
f0057178_11391410.jpg

f0057178_11303463.jpg結構急峻な崖の富士ノ折立→
f0057178_11304610.jpg
f0057178_1131148.jpg
by flyfisher0430 | 2014-08-02 11:00 | MOUNT & CLIMB
立山三山縦走 Ⅱ
f0057178_7432142.jpg

f0057178_7434099.jpg浄土山から見た残雪の立山。なんとも神々しい山容だ↑→
f0057178_7434967.jpg
f0057178_7435929.jpg五色ヶ原の向こう、右から薬師、黒部五郎、笠、薄っすらと御嶽、乗鞍、水晶・鷲羽が重なり、槍・穂→

すべて踏破してきた山々。
by flyfisher0430 | 2014-08-02 08:00 | MOUNT & CLIMB
立山三山縦走 Ⅰ
f0057178_15194890.jpg

f0057178_15195936.jpg金曜の夜行バスで新宿発、翌朝07:30には別世界。たとえ北陸新幹線が開通しても、この時刻に室堂に立つことは不可能だ。

かつては初冠雪の雄山山頂しか踏んでいなかったため、今回は大汝山、富士ノ折立を縦走するつもりでやってきた・・・が、あまりの好天に気分がよくなり、四辻で浄土山へ向けて歩き出してしまった・・・

室堂から修験者が辿ったであろう本来の立山三山縦走をしてみよう。
f0057178_1520929.jpg
f0057178_1520199.jpg
by flyfisher0430 | 2014-08-02 07:30 | MOUNT & CLIMB
八ヶ岳縦走 Ⅸ
f0057178_2292041.jpg

f0057178_2293594.jpg↑標高2900mの歯磨き。なぜ外に出てまで・・・という意見もあろうが、360度パノラマを前にした”日常”は、年に幾度もない非日常である。
f0057178_2211284.jpg
f0057178_22101084.jpg


More
by flyfisher0430 | 2014-07-13 06:00 | MOUNT & CLIMB
八ヶ岳縦走 Ⅷ
f0057178_9123192.jpg

f0057178_912432.jpg←↓文三郎道と合流し、南斜面の急登にとりつく。ここをクリアすれば頂上だ。
f0057178_9125033.jpg積雪期にはなかった落石への注意を怠らないよう、丁寧に登っていく。
f0057178_9133698.jpg
f0057178_913435.jpg
f0057178_9135086.jpg
f0057178_914192.jpg
f0057178_9141377.jpg←権現の向こう地甲斐駒、仙丈そして北岳を望むことができた。
f0057178_9142231.jpgはるか下には八ヶ岳登山の主な拠点となる行者小屋と赤岳鉱泉が→
f0057178_9143130.jpg
f0057178_9262440.jpg
f0057178_9263226.jpg←↑夕暮れ時の、雲間からの光芒と金色に輝く諏訪湖
by flyfisher0430 | 2014-07-12 14:00 | MOUNT & CLIMB
八ヶ岳縦走 Ⅶ
f0057178_1604330.jpg

f0057178_1632327.jpg
f0057178_165558.jpg
f0057178_1645572.jpg
f0057178_1644428.jpg
f0057178_164191.jpg
f0057178_1641310.jpg
f0057178_164419.jpg
f0057178_1635559.jpg
f0057178_1651154.jpg

by flyfisher0430 | 2014-07-12 13:00 | MOUNT & CLIMB
八ヶ岳縦走 Ⅳ
f0057178_21492243.jpg

f0057178_21494781.jpg↑右から横岳、硫黄岳、東西天狗岳。横岳の裾野には行者小屋と赤岳鉱泉。
f0057178_21495382.jpg
f0057178_2150370.jpg
f0057178_21502045.jpg
f0057178_21502656.jpg


More
by flyfisher0430 | 2014-07-12 10:00 | MOUNT & CLIMB
八ヶ岳縦走 Ⅲ
f0057178_81852.jpg

f0057178_8181951.jpg険しくそそり立つ権現岳の左右に、雲上に浮かぶ富士と南アルプス(甲斐駒、仙丈、北岳)を遠望することができた。
f0057178_8185083.jpg横岳、硫黄岳、その向こうには東天狗&西天狗。これから踏破する縦走路を一望→
f0057178_8192734.jpg
f0057178_8193761.jpg


More
by flyfisher0430 | 2014-07-12 09:00 | MOUNT & CLIMB
雲を取りに・・・ Ⅱ
f0057178_19342017.jpg

f0057178_19343788.jpg初夏の霞で三つ峠の向こうに富士が浮いているようだ。
f0057178_19344458.jpg
by flyfisher0430 | 2014-06-01 08:00 | MOUNT & CLIMB