カテゴリ:MOUNT & CLIMB( 311 )
1963m ~雨飾山 Ⅱ
f0057178_2194172.jpg

f0057178_2193293.jpg
f0057178_2192530.jpg雨飾の三段紅葉はまるで、マーマレード・ガトーショコラのようだった。食べるならマーマレードは不要だ。
f0057178_2191936.jpg
f0057178_2191184.jpg
f0057178_219150.jpg
f0057178_2185223.jpg
by flyfisher0430 | 2013-10-19 11:00 | MOUNT & CLIMB
1963m ~雨飾山 Ⅰ
f0057178_7195584.jpg

f0057178_7125794.jpgもしかすると山頂では冠雪し肌寒く感じるであろう晩秋に、雨飾山を訪ねた。
三段紅葉を狙って。
f0057178_7123597.jpg
f0057178_7122870.jpg
f0057178_7121128.jpg←荒菅沢手前から望む「布団菱」。
いったん沢へ降り左岸側にある尾根筋が一般ルートとなっているが、日本百名山の著者深田久弥氏は沢筋を直登している。
f0057178_712420.jpg
f0057178_7115441.jpg
f0057178_7114160.jpg
by flyfisher0430 | 2013-10-19 10:00 | MOUNT & CLIMB
3120m ~赤石岳 Ⅱ ”深山中ノ深山ナルコト比類ナシ”
f0057178_20453462.jpg

f0057178_20452734.jpg”岩から岩へ飛び移ること数十回・・・深山中の深山なること比類なし”
上高地を拓いた英宣教師ウォルター・ウェストンが同時期に、大鹿村から川を遡行し赤石岳を訪れたときの言葉。

百名山制覇のラストにしたかったが、天候の廻りが悪くラス前となった・・・
が、これだけ絶好の天気に恵まれたのでよしとしよう。
f0057178_20451811.jpg
f0057178_2045749.jpg
f0057178_20444085.jpg
f0057178_20443212.jpg
f0057178_2044929.jpg
f0057178_20435567.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-10-13 12:00 | MOUNT & CLIMB
3141m ~悪沢岳 Ⅷ
f0057178_854284.jpg

f0057178_8535677.jpg
f0057178_8534940.jpg悪沢岳頂上から中岳、前岳を経て赤石を目指すが、いったん500m降ってまた500m登り返す道程。これまで主要な山のメインルートを歩いてきたが、”登り返し度”はココが国内最大級だと思う↑↓→
f0057178_8534256.jpg
f0057178_8532976.jpg
f0057178_8532197.jpg
f0057178_853124.jpg
f0057178_8525815.jpg
by flyfisher0430 | 2013-10-13 10:30 | MOUNT & CLIMB
3141m ~悪沢岳 Ⅶ
f0057178_2215812.jpg

f0057178_2214954.jpg
f0057178_2214290.jpg
f0057178_2213557.jpg
f0057178_2212761.jpg
f0057178_2211989.jpg
f0057178_221914.jpg
f0057178_221062.jpg
f0057178_2205380.jpg
f0057178_2204384.jpg
f0057178_2203441.jpg
f0057178_2202694.jpg
f0057178_2201086.jpg
by flyfisher0430 | 2013-10-13 10:00 | MOUNT & CLIMB
2128m ~飯豊山 Ⅰ
f0057178_757151.jpg

f0057178_7565528.jpg山頂肩の非難小屋泊。登山口までのアクセスが悪く、都内からレンタカーでの深夜走行となる。もともと計画していた短縮登山口のある御沢へのアプローチに崖崩れが発生し、弥平四郎からの入山に変更、とりつきから頂上まで累積標高差1840m、7hの長丁場。しかも精神的にヘコたれるほど尾根筋のアップダウンが連続する・・・苦労すればするほど、その山行は脳裏に焼きつくものだ。
f0057178_7564713.jpg
f0057178_7563635.jpg←いにしえは修験者が撒く米粒で真っ白になったといわれる飯豊山神社への参道。日本の山岳信仰の参道に共通する点は、”難所”とそれを乗り越え仏となった”あの世”が演出されていることである。

”あの世”へ向かって黙々と歩を進める。
f0057178_756299.jpg
f0057178_7561814.jpg
f0057178_756930.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-28 06:00 | MOUNT & CLIMB
2814m ~五竜岳 Ⅴ
f0057178_2043440.jpg

f0057178_20425841.jpg五竜岳北東面に現れる雪形”武田菱”が、山荘にさりげなくあしらわれている↑
f0057178_20425172.jpg
f0057178_20424591.jpg
f0057178_20423658.jpg
f0057178_2042306.jpgいつかはのんびり歩きたい稜線、唐松岳への縦走路→
f0057178_20421981.jpg
f0057178_20421226.jpg
f0057178_20415975.jpg
f0057178_20414389.jpg
f0057178_2041237.jpg
f0057178_20405949.jpg
f0057178_20404932.jpg
f0057178_20403425.jpgこれが無雪期の武田菱→
f0057178_204024100.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-22 10:00 | MOUNT & CLIMB
2814m ~五竜岳 Ⅳ
f0057178_16462783.jpg

f0057178_16462058.jpg↑山頂から五竜山荘

←唐松岳、白馬方面を遠望
f0057178_1646683.jpg
f0057178_16455869.jpg
f0057178_16453335.jpg
f0057178_16452584.jpg←五竜山荘への降り。厳冬期は氷壁と化す難所。


More
by flyfisher0430 | 2013-09-22 09:00 | MOUNT & CLIMB
2814m ~五竜岳 Ⅱ
f0057178_21312986.jpg

f0057178_21311926.jpg五竜岳のモルゲンロート↑↓→
f0057178_2131473.jpg
f0057178_21305521.jpg
f0057178_21301575.jpg
f0057178_2130153.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-22 06:00 | MOUNT & CLIMB
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅷ ”八峰キレット”
f0057178_1948473.jpg

f0057178_1948411.jpg←北峰から見た鹿島槍南峰と、向こう奥に剱岳。八峰は手前の吊尾根コルを右手に降りていく。
f0057178_19483111.jpg
f0057178_19481710.jpg↑↓足元下に見える屋根が八峰キレット小屋。この崖を降りていかないと小屋には辿り着けない。
f0057178_19481086.jpg
f0057178_1948219.jpg
f0057178_19475367.jpg
f0057178_19474575.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-21 13:30 | MOUNT & CLIMB