カテゴリ:MOUNT & CLIMB( 316 )
2128m ~飯豊山 Ⅰ
f0057178_757151.jpg

f0057178_7565528.jpg山頂肩の非難小屋泊。登山口までのアクセスが悪く、都内からレンタカーでの深夜走行となる。もともと計画していた短縮登山口のある御沢へのアプローチに崖崩れが発生し、弥平四郎からの入山に変更、とりつきから頂上まで累積標高差1840m、7hの長丁場。しかも精神的にヘコたれるほど尾根筋のアップダウンが連続する・・・苦労すればするほど、その山行は脳裏に焼きつくものだ。
f0057178_7564713.jpg
f0057178_7563635.jpg←いにしえは修験者が撒く米粒で真っ白になったといわれる飯豊山神社への参道。日本の山岳信仰の参道に共通する点は、”難所”とそれを乗り越え仏となった”あの世”が演出されていることである。

”あの世”へ向かって黙々と歩を進める。
f0057178_756299.jpg
f0057178_7561814.jpg
f0057178_756930.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-28 06:00 | MOUNT & CLIMB
2814m ~五竜岳 Ⅴ
f0057178_2043440.jpg

f0057178_20425841.jpg五竜岳北東面に現れる雪形”武田菱”が、山荘にさりげなくあしらわれている↑
f0057178_20425172.jpg
f0057178_20424591.jpg
f0057178_20423658.jpg
f0057178_2042306.jpgいつかはのんびり歩きたい稜線、唐松岳への縦走路→
f0057178_20421981.jpg
f0057178_20421226.jpg
f0057178_20415975.jpg
f0057178_20414389.jpg
f0057178_2041237.jpg
f0057178_20405949.jpg
f0057178_20404932.jpg
f0057178_20403425.jpgこれが無雪期の武田菱→
f0057178_204024100.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-22 10:00 | MOUNT & CLIMB
2814m ~五竜岳 Ⅳ
f0057178_16462783.jpg

f0057178_16462058.jpg↑山頂から五竜山荘

←唐松岳、白馬方面を遠望
f0057178_1646683.jpg
f0057178_16455869.jpg
f0057178_16453335.jpg
f0057178_16452584.jpg←五竜山荘への降り。厳冬期は氷壁と化す難所。


More
by flyfisher0430 | 2013-09-22 09:00 | MOUNT & CLIMB
2814m ~五竜岳 Ⅱ
f0057178_21312986.jpg

f0057178_21311926.jpg五竜岳のモルゲンロート↑↓→
f0057178_2131473.jpg
f0057178_21305521.jpg
f0057178_21301575.jpg
f0057178_2130153.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-22 06:00 | MOUNT & CLIMB
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅷ ”八峰キレット”
f0057178_1948473.jpg

f0057178_1948411.jpg←北峰から見た鹿島槍南峰と、向こう奥に剱岳。八峰は手前の吊尾根コルを右手に降りていく。
f0057178_19483111.jpg
f0057178_19481710.jpg↑↓足元下に見える屋根が八峰キレット小屋。この崖を降りていかないと小屋には辿り着けない。
f0057178_19481086.jpg
f0057178_1948219.jpg
f0057178_19475367.jpg
f0057178_19474575.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-21 13:30 | MOUNT & CLIMB
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅵ
f0057178_2065371.jpg

f0057178_2063324.jpg好天と絶景に恵まれたときは必ず、同じような写真ばかりがワンサカと残る。しかも似た構図からどれを捨てていいものか・・・判断に悩むからタチが悪い。そのくらい現場では感動してシャッターを切り、現在の自分へメッセージを送っていることになる。
f0057178_206138.jpg
f0057178_206164.jpg
f0057178_2054832.jpg
f0057178_2052921.jpg
f0057178_2051074.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-21 11:30 | MOUNT & CLIMB
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅲ
f0057178_21305060.jpg

f0057178_21304024.jpg↑鹿島槍独特の双耳峰、中央下には冷池山荘。
f0057178_21303378.jpg
f0057178_21301454.jpg

f0057178_21293835.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-21 09:00 | MOUNT & CLIMB
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅰ
f0057178_6405062.jpg

f0057178_6404350.jpg9月の連休後半、夜行バスで扇沢着。歩きやすいと評判の柏原新道を未明に出発し、グングンと標高を稼ぐ。陽があたると南西に針ノ木岳がその雄姿を現す。いつかは縦走してやろう。
f0057178_6403783.jpg
f0057178_6401976.jpg
f0057178_6401384.jpg
f0057178_639584.jpg
f0057178_6395251.jpg
f0057178_6393942.jpg
f0057178_6393164.jpg
f0057178_6391451.jpg
f0057178_639441.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-21 05:10 | MOUNT & CLIMB
2932m ~白馬岳 Ⅳ
f0057178_6133210.jpg

f0057178_6132625.jpg↑新田次郎の短編集「強力伝」に出てくる、俗に言う”方向指示盤””風景掲示盤”。白馬山頂にあるこの石の塊は、上部の皿だけで187kgもある。写真ではサイズ比較が出来ないが、下部の柱でも手がぜんぜん回りきらない太さ。富士の強力として名をはせた小見山正が、ココまで背負って運び揚げたのは昭和16年のこと。
f0057178_6131915.jpg
f0057178_6131112.jpg
f0057178_6125664.jpg
f0057178_6124926.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-15 10:00 | MOUNT & CLIMB
2932m ~白馬岳 Ⅲ
f0057178_2235733.jpg

f0057178_2234597.jpg
f0057178_2232911.jpg
f0057178_2231365.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-15 05:30 | MOUNT & CLIMB