カテゴリ:MOUNT & CLIMB( 311 )
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅵ
f0057178_2065371.jpg

f0057178_2063324.jpg好天と絶景に恵まれたときは必ず、同じような写真ばかりがワンサカと残る。しかも似た構図からどれを捨てていいものか・・・判断に悩むからタチが悪い。そのくらい現場では感動してシャッターを切り、現在の自分へメッセージを送っていることになる。
f0057178_206138.jpg
f0057178_206164.jpg
f0057178_2054832.jpg
f0057178_2052921.jpg
f0057178_2051074.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-21 11:30 | MOUNT & CLIMB
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅲ
f0057178_21305060.jpg

f0057178_21304024.jpg↑鹿島槍独特の双耳峰、中央下には冷池山荘。
f0057178_21303378.jpg
f0057178_21301454.jpg

f0057178_21293835.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-21 09:00 | MOUNT & CLIMB
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅰ
f0057178_6405062.jpg

f0057178_6404350.jpg9月の連休後半、夜行バスで扇沢着。歩きやすいと評判の柏原新道を未明に出発し、グングンと標高を稼ぐ。陽があたると南西に針ノ木岳がその雄姿を現す。いつかは縦走してやろう。
f0057178_6403783.jpg
f0057178_6401976.jpg
f0057178_6401384.jpg
f0057178_639584.jpg
f0057178_6395251.jpg
f0057178_6393942.jpg
f0057178_6393164.jpg
f0057178_6391451.jpg
f0057178_639441.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-21 05:10 | MOUNT & CLIMB
2932m ~白馬岳 Ⅳ
f0057178_6133210.jpg

f0057178_6132625.jpg↑新田次郎の短編集「強力伝」に出てくる、俗に言う”方向指示盤””風景掲示盤”。白馬山頂にあるこの石の塊は、上部の皿だけで187kgもある。写真ではサイズ比較が出来ないが、下部の柱でも手がぜんぜん回りきらない太さ。富士の強力として名をはせた小見山正が、ココまで背負って運び揚げたのは昭和16年のこと。
f0057178_6131915.jpg
f0057178_6131112.jpg
f0057178_6125664.jpg
f0057178_6124926.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-15 10:00 | MOUNT & CLIMB
2932m ~白馬岳 Ⅲ
f0057178_2235733.jpg

f0057178_2234597.jpg
f0057178_2232911.jpg
f0057178_2231365.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-15 05:30 | MOUNT & CLIMB
2932m ~白馬岳 Ⅰ
f0057178_21441326.jpg

f0057178_214466.jpg
f0057178_21435947.jpg
f0057178_21435243.jpg
f0057178_21433991.jpg
f0057178_21432478.jpg
f0057178_21431317.jpg
f0057178_2143396.jpg
f0057178_2142558.jpg
f0057178_21424327.jpg
f0057178_21423318.jpg一泊目の白馬鑓温泉手前、初日(土)は写真のようにいい天候だったが、二日目(日)は接近する台風との競争。二泊目を山頂付近の白馬山荘で過ごし、山頂からの夕景と朝焼けを楽しむ予定だった。この台風で月曜の栂池ゴンドラの強風による運休と都内への電車の麻痺が怖くなり・・・二日目は暴風霧の中、一気に縦走踏破&栂池まで下山、結果的には都内まで一日繰り上げ帰還した。その気になれば都内から夜行バスと一泊二日、普通の週末で白馬の鑓温泉⇒栂池縦走が出来るということになる・・・


More
by flyfisher0430 | 2013-09-14 05:30 | MOUNT & CLIMB
小池新道・左俣林道
f0057178_6403449.jpg

f0057178_6402924.jpg
f0057178_6402196.jpg
f0057178_6401523.jpg
f0057178_640471.jpg
f0057178_6395618.jpg
f0057178_63946100.jpg
f0057178_6394023.jpg
f0057178_6393092.jpg
f0057178_6392215.jpg
f0057178_6391318.jpg
f0057178_639223.jpg
by flyfisher0430 | 2013-08-11 10:30 | MOUNT & CLIMB
2840m ~黒部五郎岳 Ⅱ
f0057178_11453218.jpg

f0057178_11452389.jpgヒトが少ないこともあり涸沢より野生的に映る黒部五郎カール。
今回の山行では日中はドピーカンだが、残念ながら朝夕がガスでダイナシ・・・
前線が日本海側にあり、湿気が北西から常に入り込んでいた。
f0057178_11451525.jpg
f0057178_11444469.jpg
f0057178_11441777.jpg今年は数年に一度到来するコバイケイソウの当たり年となった。
f0057178_1144999.jpg
f0057178_11435810.jpg
f0057178_11434214.jpg
f0057178_11432963.jpg
f0057178_11425621.jpg
f0057178_11423290.jpg
f0057178_11422340.jpg
f0057178_1142813.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-08-10 06:00 | MOUNT & CLIMB
2840m ~黒部五郎岳 Ⅰ
f0057178_6323620.jpg

f0057178_6411931.jpg涸沢、千畳敷、黒部五郎・・・偏西風の影響を受けた吹き溜まり側がかつて氷河となり、国内のカール形成は東から北東斜面に限られている。
f0057178_6322911.jpg
f0057178_6322273.jpg
f0057178_6321177.jpg←横広の薬師と本邦最後の秘境・雲の平。
先週の薬師と併せてたった一週間で、水晶、鷲羽、三俣蓮華、黒部五郎を極めることになり、雲の平を包囲した・・・割には核心部に入ることが出来なかった。
f0057178_6315978.jpg
f0057178_6315111.jpg
f0057178_631411.jpg
by flyfisher0430 | 2013-08-09 13:00 | MOUNT & CLIMB
水晶から黒部五郎 Ⅵ
f0057178_6393880.jpg

f0057178_639302.jpg
f0057178_6391469.jpg三日目ともなると、髪や汗を吸ったバンダナが気になってくる。ピーカンの下で美しい湧水や雪解け水に出逢い、アタマごと突っ込んで洗う。バンダナや靴下なども天日干しで殺菌&消臭処理は完了、太陽と自然の恵みを体感するひと時。
f0057178_639779.jpg
f0057178_6384279.jpg
f0057178_6383372.jpg
f0057178_6382452.jpg
f0057178_6381669.jpg
by flyfisher0430 | 2013-08-09 12:00 | MOUNT & CLIMB