カテゴリ:ROAD & TRAIL( 122 )
2814m ~五竜岳 Ⅲ
f0057178_924214.jpg

f0057178_9241324.jpgよくあることだが、見えてからなかなか近づいてこない頂。そんな時はひと呼吸置き、足元の課題をひとつひとつクリアしていくだけだ。

←右向こうは浅間山、左は四阿山。
f0057178_924784.jpg
f0057178_9235986.jpg
f0057178_9234617.jpg
f0057178_9233422.jpg
f0057178_9232751.jpg
f0057178_9232034.jpg
f0057178_9231281.jpg
f0057178_9222792.jpg
f0057178_9221690.jpg
f0057178_922732.jpg↑遥か彼方に剱岳、足元に絶壁を見下ろしながら、岩を抱き込んで向こうに回り込む。
←振り返ると鹿島槍と、未明から乗り越えてきた稜線。


More
by flyfisher0430 | 2013-09-22 08:00 | ROAD & TRAIL
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅴ
f0057178_881455.jpg

f0057178_88325.jpg
f0057178_875567.jpg宿泊する予定だった冷池山荘に10時過ぎに到着後、やむなく予約をキャンセルして通過し次の宿となる八峰キレット小屋を目指す。越えていくのは目前にどっしりと構える双耳峰、鹿島槍ヶ岳。時間的には余裕はあるが、これからこの長大な稜線歩きを経た上で、八峰側岩壁の降りに足腰がもつだろうかとやや心配になる。扇沢を未明に出発し5h、ここまでに1,000m以上の標高差を稼いでおり、ボチボチ疲労が溜まってくる頃だ。
f0057178_872815.jpg
f0057178_865310.jpg

f0057178_862056.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-21 10:30 | ROAD & TRAIL
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅳ
f0057178_2141169.jpg

f0057178_21405214.jpg
f0057178_21404518.jpg
f0057178_21403425.jpg
f0057178_21402675.jpg真ん中右上に富士山を遠望→
f0057178_21401541.jpg
f0057178_2140241.jpg
f0057178_2139519.jpg
f0057178_21393860.jpg
f0057178_21392678.jpg
f0057178_21391716.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-21 10:00 | ROAD & TRAIL
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅱ
f0057178_2131270.jpg

f0057178_213584.jpg↑屏風のような剱岳を背負って
立山連峰(左奥、種池山荘上)と剱→
f0057178_2125765.jpg
f0057178_2124329.jpg
f0057178_2122947.jpg↑↓種池から爺ヶ岳
←鹿島槍ヶ岳
f0057178_2122067.jpg
f0057178_212481.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-21 07:00 | ROAD & TRAIL
双六岳から双六小屋
f0057178_6283640.jpg

f0057178_6283147.jpg山岳雑誌に頻出する一本道。山上の風衝地にできる典型的な線状構造土。道の向こうには槍が望めるはずだったが、残念ながらガスに包まれていた。
f0057178_6282454.jpg
f0057178_6281858.jpg
f0057178_6281034.jpg
f0057178_6275980.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-08-10 12:00 | ROAD & TRAIL
三俣から双六岳
f0057178_22583697.jpg

f0057178_22582974.jpg途中で出逢った♀の雷鳥。たぶん近くに子どもがいるのか、接写しようとするとものすごい形相でにらみ返された。
f0057178_22582196.jpg
f0057178_22581414.jpg
f0057178_2258115.jpg
f0057178_22575210.jpg
f0057178_22574412.jpg
f0057178_22573499.jpg
f0057178_22571438.jpg
by flyfisher0430 | 2013-08-10 11:00 | ROAD & TRAIL
黒部五郎から三俣
f0057178_22365393.jpg

f0057178_22364633.jpg三俣山荘で、”なぜ三俣蓮華岳が百名山に選ばれなかったのか?”と話題になっていた。標高、鷲羽側の険しい岸壁、黒部五郎側のなだらかな稜線、そして三県をまたがるだけでなく”三俣”分岐としての個性は十分うかがえる。
f0057178_22363818.jpg
f0057178_22363045.jpg
by flyfisher0430 | 2013-08-10 10:00 | ROAD & TRAIL
水晶から黒部五郎 Ⅷ
f0057178_691316.jpg

f0057178_684967.jpg←↑黒部五郎小舎から延々と続くカールコース
f0057178_685736.jpg
f0057178_69530.jpg↑↓五郎小舎キャンプサイト方向に、一昨日登頂した笠ヶ岳の先鋒が見えた。
f0057178_683797.jpg
f0057178_682440.jpg
f0057178_681629.jpg
f0057178_68649.jpg
by flyfisher0430 | 2013-08-09 14:00 | ROAD & TRAIL
水晶から黒部五郎 Ⅶ
f0057178_8411294.jpg

f0057178_841577.jpg
f0057178_840535.jpg←三俣蓮華中腹(左端)のトラバース道を経て黒部五郎小舎へ向かう途中に振り返ってみた。明日越えていく三俣への稜線と右向こうの双六岳を遠望する。
f0057178_8404423.jpg
f0057178_8402776.jpg
f0057178_84033.jpg三俣山荘から鷲羽(右)、ワリモ(中)、水晶(左奥)。そこから戻ってワリモの左肩から源流へと降り、三俣中腹からここまで一日で歩いてきたその行程に驚いてしまう→
by flyfisher0430 | 2013-08-09 13:30 | ROAD & TRAIL
水晶から黒部五郎 Ⅴ
f0057178_2105618.jpg

f0057178_2104885.jpg
f0057178_2103946.jpg↑鷲羽、↓黒部五郎、槍→
四方を名山に囲まれる秘境。
f0057178_20594655.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-08-09 11:30 | ROAD & TRAIL