カテゴリ:SKY( 107 )
2128m ~飯豊山 Ⅶ 
f0057178_23242.jpg

f0057178_2315221.jpg↑数十キロ先まで伸びる影飯豊
f0057178_23145100.jpg
f0057178_2313698.jpg
f0057178_2312752.jpg
f0057178_2311345.jpg
f0057178_231674.jpg
f0057178_2305929.jpg
f0057178_2303686.jpg←この350ml缶がなんと1k。これまで大山山頂で普通のモルツに800円払ったのが心残りだったが、一気に記録を更新されてしまった。たぶん日本一高価なドライだ。ただし飯豊縦走路に営業小屋はないため、管理人の方から提供されたビールは天の恵みと躊躇なく飛びついた。
f0057178_2302924.jpg
f0057178_2302257.jpg
f0057178_2301050.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-28 17:30 | SKY
2814m ~五竜岳 Ⅰ
f0057178_6275922.jpg

f0057178_6274792.jpg↑五竜へ行く手前での朝焼け。これだけ見事に焼けた空に出逢えたのは久しぶりだ。
未明の月光に浮かびあがる剱→

鹿島槍⇔五竜の間は日本三大キレットのひとつ、八峰キレットと呼ばれる険しい稜線歩きが延々と続く・・・
f0057178_6274055.jpg
f0057178_6273219.jpg↑↓真紅に燃える日の出の反対側の空は、いつも淡いマゼンタに染められる。
f0057178_62709.jpg
f0057178_6264762.jpg
f0057178_6263214.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-22 05:30 | SKY
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅸ ”ダイヤモンド剱”
f0057178_21294445.jpg

f0057178_21293556.jpg↑↓キレット小屋前から観たダイヤモンド剱。山頂ピッタリとはいかなかったが、偶然にしては上出来だ。レンブラントの光芒がまた美しい。
f0057178_21292673.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-21 17:30 | SKY
早朝の槍
f0057178_75153.jpg

f0057178_751018.jpg
f0057178_7505249.jpg
f0057178_7504320.jpg
by flyfisher0430 | 2013-08-11 06:30 | SKY
双六からの朝焼け Ⅰ
f0057178_8351562.jpg

f0057178_835920.jpg
f0057178_835265.jpg
f0057178_834544.jpg
f0057178_8343755.jpg
by flyfisher0430 | 2013-08-11 05:30 | SKY
槍燃ゆる
f0057178_913338.jpg

f0057178_9131756.jpg抜戸、弓折岳を経て双六へ向かう稜線歩き。笠ヶ岳山荘を未明に出発し、槍からの日の出を楽しんだ。
f0057178_9133690.jpg
f0057178_9134336.jpg

by flyfisher0430 | 2013-08-08 05:15 | SKY
3776m ~FUJIYAMA Ⅳ
f0057178_9284590.jpg

f0057178_9302282.jpg
f0057178_931559.jpg
f0057178_933228.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-07-20 07:00 | SKY
3776m ~FUJIYAMA Ⅲ ”雲海2”
f0057178_724622.jpg

f0057178_7243883.jpg考えてみれば当たり前だが、雲海にも朝夕の凪がある。未明の”朝凪”と”雲打ち際”を捉えた。
f0057178_7251773.jpg
f0057178_7253379.jpg←右奥は八ヶ岳


More
by flyfisher0430 | 2013-07-20 04:35 | SKY
3776m ~FUJIYAMA Ⅱ ”雲海”
f0057178_18452631.jpg

f0057178_18455012.jpg夏富士らしい夕景が拡がった。山ヤのあいだでは”富士は一度登ればいい”が常識となっており、人出(しかも山の心得がない初心者)が多いこと、ガレの登り一本調子でつまらないことなどがその理由とされるが、三たび登っても独特の空模様に胸を打たれた。
川沿いの靄や朝霧を「名物の雲海」などと名づけている観光スポットがいくつかあるが、真の雲海とは標高2000m前後の延々と続く”雲平線”を、上から見渡す富士の雲海のことだと思っている。

何十キロも先まで伸びる影富士→
f0057178_1846059.jpg
f0057178_18461358.jpg
f0057178_18462279.jpg
by flyfisher0430 | 2013-07-19 19:00 | SKY
2353m ~高妻山 Ⅲ
f0057178_618134.jpg

f0057178_6183663.jpg
f0057178_6185160.jpg
f0057178_6191523.jpg
f0057178_6193448.jpg
f0057178_6195626.jpg
by flyfisher0430 | 2013-06-09 08:00 | SKY