<   2013年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
2236m ~鳥海山 Ⅶ
f0057178_664142.jpg

f0057178_67109.jpg
f0057178_672552.jpg
f0057178_673669.jpg
f0057178_675590.jpg


More 登山道脇の花々
by flyfisher0430 | 2013-06-30 10:00 | ROAD & TRAIL
2236m ~鳥海山 Ⅵ
f0057178_632286.jpg

f0057178_6321487.jpg
f0057178_6322265.jpg
f0057178_6323482.jpg
f0057178_6324328.jpg
f0057178_6325257.jpg

by flyfisher0430 | 2013-06-30 09:30 | MOUNT & CLIMB
2236m ~鳥海山 Ⅴ 山頂にて
f0057178_2175546.jpg

f0057178_21886.jpg
f0057178_218241.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-06-30 09:00 | MOUNT & CLIMB
2236m ~鳥海山 Ⅳ
f0057178_6205840.jpg

f0057178_6211830.jpg

f0057178_6213172.jpg
f0057178_6213947.jpg
by flyfisher0430 | 2013-06-30 08:00 | ROAD & TRAIL
2236m ~鳥海山 Ⅲ ”残雪の芸術”
f0057178_622596.jpg

f0057178_6223586.jpg
f0057178_6225699.jpg
f0057178_6231642.jpg
f0057178_6233286.jpg四季に恵まれた日本特有の残雪模様。山塊の吹き溜まりに初夏まで残るため、”雪形”と呼ばれる図柄が全国に数多く存在する。”白い馬”、”常念坊”、”種まき爺”・・・里から見あげたそのニックネームは山の名前か農事暦(田植えの合図)となっていることが多い。
f0057178_6234682.jpg
f0057178_6235716.jpg
f0057178_624630.jpgまだ雪に埋もれている鳥海湖→f0057178_641533.jpg
f0057178_6411952.jpg
f0057178_6414984.jpg
f0057178_642513.jpg
by flyfisher0430 | 2013-06-30 07:00 | PASTORAL SCENERY
2236m ~鳥海山 Ⅱ
f0057178_675654.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-06-30 06:20 | ROAD & TRAIL
2236m ~鳥海山 Ⅰ
f0057178_1191556.jpg

f0057178_1193912.jpg梅雨の合間を狙って”出羽富士”を訪れた。6月中は山頂の小屋が営業していないこともあり日帰りピストンを想定。天気予報と睨めっこをしながら日曜日早朝からのアタックに賭けた。
初夏だというのに延々と続く雪田をゆく。
f0057178_11102051.jpg
f0057178_11104731.jpg
f0057178_11105724.jpg
f0057178_1111723.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-06-30 05:30 | ROAD & TRAIL
酒田・山居倉庫
f0057178_6265612.jpg

f0057178_62787.jpg
f0057178_6271791.jpg
by flyfisher0430 | 2013-06-29 14:30 | TRIP & TACKLE
1870m ~朝日岳 Ⅲ
f0057178_9334272.jpg
f0057178_9345083.jpg山頂にひっそりと咲くエーデルワイス(ホソバヒナウスユキソウ)。強風にさらされる稜線の風衝地で周辺の植生は不毛地帯なのに、なぜ此処を選んで咲き続けるのか・・・
f0057178_9343544.jpg



More
by flyfisher0430 | 2013-06-16 10:00 | FLOWER & SEASON
1870m ~朝日岳 Ⅱ
f0057178_22184334.jpg

f0057178_22192085.jpg↑山頂手前ではチングルマの群落が大歓迎してくれた。
f0057178_22195244.jpg
f0057178_22202325.jpg本来なら山中二泊三日をかけた大鳥池までの縦走が朝日連峰の正しい楽しみ方だが、残念ながら都内発土日のみの弾丸登山。古寺鉱泉車中前泊&日曜日の日帰りピストンだったものの、小朝日⇔朝日間ではなだらかな稜線歩きの一端を味わうことが出来た。
f0057178_22204258.jpg
f0057178_22222465.jpg
↑一番左奥、以東岳への美しい稜線。いつかはココをのんびり歩きたい。
右奥遠方に月山を望む。f0057178_22224247.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-06-16 09:00 | MOUNT & CLIMB