<   2013年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧
2128m ~飯豊山 Ⅹ
f0057178_7522996.jpg

f0057178_7522410.jpg↑アザミ ウメバチソウ→
f0057178_752158.jpg
f0057178_75287.jpg
f0057178_752126.jpg
f0057178_751554.jpgナナカマドの実→
f0057178_751485.jpg
f0057178_7514224.jpg
f0057178_751322.jpg
f0057178_751244.jpg
f0057178_7511152.jpg
f0057178_751453.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-29 08:00 | FLOWER & SEASON
2128m ~飯豊山 Ⅸ
f0057178_21101641.jpg

f0057178_21101021.jpg
f0057178_2110184.jpg
f0057178_2195414.jpg
f0057178_2194295.jpg
f0057178_2193583.jpg
f0057178_2192810.jpg
f0057178_2192270.jpg
f0057178_2191221.jpg
f0057178_219579.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-29 07:00 | SKY
2128m ~飯豊山 Ⅷ
f0057178_6314474.jpg

f0057178_6313943.jpg↑右奥は磐梯山のシルエット
f0057178_631347.jpg
f0057178_6312767.jpg
f0057178_631191.jpg
f0057178_6311199.jpg
f0057178_631416.jpg
f0057178_6305778.jpg
f0057178_6304974.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-29 06:00 | SKY
2128m ~飯豊山 Ⅶ 
f0057178_23242.jpg

f0057178_2315221.jpg↑数十キロ先まで伸びる影飯豊
f0057178_23145100.jpg
f0057178_2313698.jpg
f0057178_2312752.jpg
f0057178_2311345.jpg
f0057178_231674.jpg
f0057178_2305929.jpg
f0057178_2303686.jpg←この350ml缶がなんと1k。これまで大山山頂で普通のモルツに800円払ったのが心残りだったが、一気に記録を更新されてしまった。たぶん日本一高価なドライだ。ただし飯豊縦走路に営業小屋はないため、管理人の方から提供されたビールは天の恵みと躊躇なく飛びついた。
f0057178_2302924.jpg
f0057178_2302257.jpg
f0057178_2301050.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-28 17:30 | SKY
2128m ~飯豊山 Ⅵ
f0057178_21405363.jpg

f0057178_21404574.jpg←↑飯豊山頂から連邦最高峰の大日岳へと続くなだらかな稜線。あと数日すると、彩錦のトレイルになるという。
f0057178_21403775.jpg
f0057178_2140283.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-28 15:00 | ROAD & TRAIL
2128m ~飯豊山 Ⅴ "飯を豊かに盛ったるがごとし"
f0057178_21574763.jpg

f0057178_21573764.jpg
f0057178_21572275.jpg
f0057178_21565393.jpg
f0057178_21563864.jpg
f0057178_2156247.jpg
f0057178_2156173.jpg
f0057178_21553810.jpg
f0057178_21552453.jpg
f0057178_2155768.jpg
f0057178_21545255.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-28 12:00 | ROAD & TRAIL
2128m ~飯豊山 Ⅳ ”御秘所”と”姥権現”
f0057178_215455.jpg

f0057178_20592296.jpg御秘所(おひそ)と呼ばれる岩場は飯豊山岳信仰のクライマックス。日頃の行いが悪いと、ココで神隠しに遭うという・・・
f0057178_20591546.jpg←タカネマツムシソウ
f0057178_2059839.jpgその昔、小松村に飯豊山を深く信仰している女がいた。男の3倍も精進すれば女人禁制の山に登っても罰には当たらないだろうと思い、100日間の精進を済ませて飯豊山に登った。頂上まであと一息という所で急に疲れを覚えたので道端の石に腰を下ろして一休みしたところ、女はそのまま石になってしまったという・・・ これがその姥権現→
f0057178_20585861.jpg
f0057178_20585086.jpg
f0057178_20584385.jpg
f0057178_20583257.jpg
f0057178_20582611.jpg
f0057178_2058421.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-28 11:00 | ROAD & TRAIL
2128m ~飯豊山 Ⅲ
f0057178_2025243.jpg

f0057178_20245449.jpg
f0057178_20244727.jpg
f0057178_20243730.jpg切合小屋で大日杉ルートと合流する→
f0057178_20242539.jpg
f0057178_20241383.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-28 10:00 | FLOWER & SEASON
2128m ~飯豊山 Ⅱ ”孔雀蝶”
f0057178_2115392.jpg



More
by flyfisher0430 | 2013-09-28 08:00 | BIRD & ANIMAL
2128m ~飯豊山 Ⅰ
f0057178_757151.jpg

f0057178_7565528.jpg山頂肩の非難小屋泊。登山口までのアクセスが悪く、都内からレンタカーでの深夜走行となる。もともと計画していた短縮登山口のある御沢へのアプローチに崖崩れが発生し、弥平四郎からの入山に変更、とりつきから頂上まで累積標高差1840m、7hの長丁場。しかも精神的にヘコたれるほど尾根筋のアップダウンが連続する・・・苦労すればするほど、その山行は脳裏に焼きつくものだ。
f0057178_7564713.jpg
f0057178_7563635.jpg←いにしえは修験者が撒く米粒で真っ白になったといわれる飯豊山神社への参道。日本の山岳信仰の参道に共通する点は、”難所”とそれを乗り越え仏となった”あの世”が演出されていることである。

”あの世”へ向かって黙々と歩を進める。
f0057178_756299.jpg
f0057178_7561814.jpg
f0057178_756930.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-28 06:00 | MOUNT & CLIMB