タグ:100FAMOUS MOUNTS ( 145 ) タグの人気記事
2128m ~飯豊山 Ⅴ "飯を豊かに盛ったるがごとし"
f0057178_21574763.jpg

f0057178_21573764.jpg
f0057178_21572275.jpg
f0057178_21565393.jpg
f0057178_21563864.jpg
f0057178_2156247.jpg
f0057178_2156173.jpg
f0057178_21553810.jpg
f0057178_21552453.jpg
f0057178_2155768.jpg
f0057178_21545255.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-28 12:00 | ROAD & TRAIL
2814m ~五竜岳 Ⅲ
f0057178_924214.jpg

f0057178_9241324.jpgよくあることだが、見えてからなかなか近づいてこない頂。そんな時はひと呼吸置き、足元の課題をひとつひとつクリアしていくだけだ。

←右向こうは浅間山、左は四阿山。
f0057178_924784.jpg
f0057178_9235986.jpg
f0057178_9234617.jpg
f0057178_9233422.jpg
f0057178_9232751.jpg
f0057178_9232034.jpg
f0057178_9231281.jpg
f0057178_9222792.jpg
f0057178_9221690.jpg
f0057178_922732.jpg↑遥か彼方に剱岳、足元に絶壁を見下ろしながら、岩を抱き込んで向こうに回り込む。
←振り返ると鹿島槍と、未明から乗り越えてきた稜線。


More
by flyfisher0430 | 2013-09-22 08:00 | ROAD & TRAIL
2814m ~五竜岳 Ⅱ
f0057178_21312986.jpg

f0057178_21311926.jpg五竜岳のモルゲンロート↑↓→
f0057178_2131473.jpg
f0057178_21305521.jpg
f0057178_21301575.jpg
f0057178_2130153.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-22 06:00 | MOUNT & CLIMB
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅵ
f0057178_2065371.jpg

f0057178_2063324.jpg好天と絶景に恵まれたときは必ず、同じような写真ばかりがワンサカと残る。しかも似た構図からどれを捨てていいものか・・・判断に悩むからタチが悪い。そのくらい現場では感動してシャッターを切り、現在の自分へメッセージを送っていることになる。
f0057178_206138.jpg
f0057178_206164.jpg
f0057178_2054832.jpg
f0057178_2052921.jpg
f0057178_2051074.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-21 11:30 | MOUNT & CLIMB
2889m ~鹿島槍ヶ岳 Ⅴ
f0057178_881455.jpg

f0057178_88325.jpg
f0057178_875567.jpg宿泊する予定だった冷池山荘に10時過ぎに到着後、やむなく予約をキャンセルして通過し次の宿となる八峰キレット小屋を目指す。越えていくのは目前にどっしりと構える双耳峰、鹿島槍ヶ岳。時間的には余裕はあるが、これからこの長大な稜線歩きを経た上で、八峰側岩壁の降りに足腰がもつだろうかとやや心配になる。扇沢を未明に出発し5h、ここまでに1,000m以上の標高差を稼いでおり、ボチボチ疲労が溜まってくる頃だ。
f0057178_872815.jpg
f0057178_865310.jpg

f0057178_862056.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-09-21 10:30 | ROAD & TRAIL
2932m ~白馬岳 Ⅳ
f0057178_6133210.jpg

f0057178_6132625.jpg↑新田次郎の短編集「強力伝」に出てくる、俗に言う”方向指示盤””風景掲示盤”。白馬山頂にあるこの石の塊は、上部の皿だけで187kgもある。写真ではサイズ比較が出来ないが、下部の柱でも手がぜんぜん回りきらない太さ。富士の強力として名をはせた小見山正が、ココまで背負って運び揚げたのは昭和16年のこと。
f0057178_6131915.jpg
f0057178_6131112.jpg
f0057178_6125664.jpg
f0057178_6124926.jpg
by flyfisher0430 | 2013-09-15 10:00 | MOUNT & CLIMB
2052m ~幌尻岳 Ⅲ
f0057178_6344033.jpg

f0057178_6343329.jpg
f0057178_6342443.jpg
f0057178_6341363.jpg
f0057178_634784.jpg
f0057178_6335360.jpg
f0057178_6334615.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-08-17 10:00 | PLANT & FOREST
2840m ~黒部五郎岳 Ⅱ
f0057178_11453218.jpg

f0057178_11452389.jpgヒトが少ないこともあり涸沢より野生的に映る黒部五郎カール。
今回の山行では日中はドピーカンだが、残念ながら朝夕がガスでダイナシ・・・
前線が日本海側にあり、湿気が北西から常に入り込んでいた。
f0057178_11451525.jpg
f0057178_11444469.jpg
f0057178_11441777.jpg今年は数年に一度到来するコバイケイソウの当たり年となった。
f0057178_1144999.jpg
f0057178_11435810.jpg
f0057178_11434214.jpg
f0057178_11432963.jpg
f0057178_11425621.jpg
f0057178_11423290.jpg
f0057178_11422340.jpg
f0057178_1142813.jpg


More
by flyfisher0430 | 2013-08-10 06:00 | MOUNT & CLIMB
水晶から黒部五郎 Ⅷ
f0057178_691316.jpg

f0057178_684967.jpg←↑黒部五郎小舎から延々と続くカールコース
f0057178_685736.jpg
f0057178_69530.jpg↑↓五郎小舎キャンプサイト方向に、一昨日登頂した笠ヶ岳の先鋒が見えた。
f0057178_683797.jpg
f0057178_682440.jpg
f0057178_681629.jpg
f0057178_68649.jpg
by flyfisher0430 | 2013-08-09 14:00 | ROAD & TRAIL
2840m ~黒部五郎岳 Ⅰ
f0057178_6323620.jpg

f0057178_6411931.jpg涸沢、千畳敷、黒部五郎・・・偏西風の影響を受けた吹き溜まり側がかつて氷河となり、国内のカール形成は東から北東斜面に限られている。
f0057178_6322911.jpg
f0057178_6322273.jpg
f0057178_6321177.jpg←横広の薬師と本邦最後の秘境・雲の平。
先週の薬師と併せてたった一週間で、水晶、鷲羽、三俣蓮華、黒部五郎を極めることになり、雲の平を包囲した・・・割には核心部に入ることが出来なかった。
f0057178_6315978.jpg
f0057178_6315111.jpg
f0057178_631411.jpg
by flyfisher0430 | 2013-08-09 13:00 | MOUNT & CLIMB