カテゴリ:PASTORAL SCENERY( 58 )
皇居・明治神宮
f0057178_17290665.jpg

f0057178_17291730.jpg
f0057178_17292589.jpg
f0057178_17293298.jpg
f0057178_17293069.jpg
by flyfisher0430 | 2015-05-03 13:00 | PASTORAL SCENERY
小清水原生花園
f0057178_10254481.jpg

f0057178_10255436.jpg道北から道東へ釣り歩く過程で、数年置きに何度か立ち寄ってきた。5年も経つとガラッと変わっている最近の街中とは異なり、いつも同じ風景で迎えてくれる場所。
f0057178_1026323.jpg
f0057178_10261083.jpg
f0057178_1026175.jpg
by flyfisher0430 | 2014-08-24 10:30 | PASTORAL SCENERY
1963m ~雨飾山 Ⅲ ”雨飾り乙女”
f0057178_8273332.jpg

f0057178_8343355.jpg山頂直下の笹平に出現する雨飾のビーナス。観る角度で表情が変わる不思議な横顔だ。f0057178_8272765.jpg
f0057178_827202.jpg
f0057178_826547.jpg
f0057178_82742100.jpg
f0057178_8273610.jpg
f0057178_8261420.jpg
f0057178_8265035.jpg
f0057178_8263946.jpg
f0057178_8253568.jpg
by flyfisher0430 | 2013-10-19 12:00 | PASTORAL SCENERY
3120m ~赤石岳 Ⅳ ”無事下山”
f0057178_2192184.jpg

f0057178_2191517.jpg登頂時には控えつつも下山時にするガッツポーズ。登山は無事降りてこそ。
f0057178_219851.jpg
by flyfisher0430 | 2013-10-14 08:00 | PASTORAL SCENERY
3141m ~悪沢岳 Ⅰ
f0057178_739490.jpg

f0057178_7385751.jpg満を持して挑んだ悪沢・赤石周回コース。台風一過のド晴天に恵まれ、椹島登山口を出発。
f0057178_7385040.jpg
f0057178_7383829.jpg
f0057178_7383075.jpg
f0057178_7381571.jpg
f0057178_7375949.jpg
f0057178_7375171.jpg
f0057178_7372549.jpg
f0057178_7371652.jpg
by flyfisher0430 | 2013-10-12 08:00 | PASTORAL SCENERY
2236m ~鳥海山 Ⅲ ”残雪の芸術”
f0057178_622596.jpg

f0057178_6223586.jpg
f0057178_6225699.jpg
f0057178_6231642.jpg
f0057178_6233286.jpg四季に恵まれた日本特有の残雪模様。山塊の吹き溜まりに初夏まで残るため、”雪形”と呼ばれる図柄が全国に数多く存在する。”白い馬”、”常念坊”、”種まき爺”・・・里から見あげたそのニックネームは山の名前か農事暦(田植えの合図)となっていることが多い。
f0057178_6234682.jpg
f0057178_6235716.jpg
f0057178_624630.jpgまだ雪に埋もれている鳥海湖→f0057178_641533.jpg
f0057178_6411952.jpg
f0057178_6414984.jpg
f0057178_642513.jpg
by flyfisher0430 | 2013-06-30 07:00 | PASTORAL SCENERY
厳冬の大菩薩嶺 Ⅱ
f0057178_21342298.jpg
f0057178_21343276.jpg一泊二日の山小屋泊。
晴天だが土日とも酷寒と強風、無理やり日帰りすると凍え死んでいたかもしれないと感じる寒さ・・・
客も少なく宿のご主人といろいろ話し込んでいるうちに、薪ストーブの炎に惹かれファイヤキーパーをしてしまっていた。木の種類や燃焼効率、給排気の仕組や別の暖炉への火種の移し変え方などとても奥が深い。
by flyfisher0430 | 2013-02-23 18:00 | PASTORAL SCENERY
X'mas 北八ヶ岳 Ⅵ 白練white
f0057178_21375221.jpg

f0057178_2139536.jpg

f0057178_21365440.jpg練りこまれた自然の純白≒青なんだろうか・・・なんてことはない雪原の白さに、純粋に惹かれた。
f0057178_21382822.jpg
f0057178_21373759.jpg
f0057178_21391777.jpg
f0057178_2138881.jpg
by flyfisher0430 | 2012-12-23 11:30 | PASTORAL SCENERY
魚沼・魚野川 ”金色の絨毯”
f0057178_21313527.jpg

f0057178_213146100.jpg魚野川の向こう、右に八海山、左に越後駒ケ岳→
三連休初日に平ヶ岳を訪れ、下山後観光案内所に飛び込んで予約できた檜枝岐の宿は、秘湯を守る会のかぎや旅館。風呂は言うまでもなく、歴史を感じさせる木造の壁や床はピカピカに磨き上げられており、さり気ない心遣いとともにとても居心地のいい宿だった。”どおせなら築浅のキレイな宿泊施設・・・”というこれまでの価値観は、完全に払拭されてしまった。

チェックイン時に着替えを入れた小袋しか持参しなかったが、身なりから登山者と見てとられたのか、「今日はどこでしたか? 明日はどちらへ登られますか?」と執拗な従業員。少し疑問に思いながらもぶっきら棒に「えっ??明日は越コマですけど・・・」と答えると、「352号線は終日工事中で新潟へは抜けられないのです・・・」
なるほど昨年7月の新潟・福島豪雨で被害を受け、平ヶ岳登山口までの修復工事区間は時間制限があると調べていたが、通り抜けができなかったとは・・・とても有り難い心配りをいただいた。

ということもあり、巻機山を含む三連チャンの目論見は潰え、中日は只見町まわりの大迂回と魚沼周辺ドライブに贅沢な時間を費やし、そのお陰で町から見た越後駒ケ岳や八海山を十分に堪能することができた。
f0057178_21315888.jpg
f0057178_21321151.jpg

by flyfisher0430 | 2012-09-16 10:00 | PASTORAL SCENERY
2145m ~苗場山 Ⅲ
f0057178_22535794.jpg

f0057178_22502730.jpg平らで広大な山頂部は、点在する池塘とワタスゲであの世を演出している。
f0057178_22494644.jpg
f0057178_22522298.jpg
f0057178_22591695.jpg

by flyfisher0430 | 2012-08-11 08:00 | PASTORAL SCENERY